スポーツ整骨院と整骨院の違い

スポーツ整骨院と整骨院の違い 何かの拍子に脱臼や捻挫などのけがをしてしまったとき、手技治療で回復させるのが整骨院や接骨院です。
その施術は国家資格である柔道整復師の資格保有者であることが決められており、病院の治療と同時に行うことも出来ます。
更に詳しく見てみるとスポーツ整骨院あるいはスポーツ接骨院という看板を掲げているところがあります、普通のところとの違いは、やはりスポーツに特化しているところです。
アスリートの場合、普通の人とは違った動きで怪我をすることがあります。
例えば、マラソン選手であれば、肉離れやランナー膝と呼ばれる膝の損傷などがあり、繰り返しトレーニングをすることで同じ箇所に負荷がかかってしまうために起こります。
スポーツのことに精通したマッサージ師であれば、そんなときどのように施術をすればよいのかということはもちろん、その後再びスポーツができるようになるためのリハビリプランを考えてくれます。
トップアスリートのトレーナーをしているスポーツ整骨院であれば、ちょっとした痛みの原因をすぐに把握することができるので、慢性的な体の悩みを抱えているならば、心強い味方となるのです。
なお、スポーツ整骨院と整骨院では、資格に違いはないので、普通の整骨院ではスポーツの怪我に対応できないというわけではありません。

スポーツ障害による症状

スポーツ障害による症状 毎日のようにスポーツを行う方は、スポーツ障害について知っておく必要があります。
スポーツ障害とは、毎日繰り返し同じ動作を行うことにより、また一部の筋肉だけに負担をかけるような運動を繰り返すことによって起きる障害のことです。
自分に障害が出たかどうかを判断する方法は、それ特有の症状が出ているかどうかを見ることです。
スポーツ障害には、それ特有の症状が発生します。
例えば、野球肘はその代表格といっていいでしょう。
これは、まだ投球フォームが固まっていないうちから、無理な投球を繰り返すことによって起きる症状です。
具体的には、肘関節の内側の骨や筋肉に炎症が起きたり痛みが発生したりします。
野球をやっている人でこのような症状が出ている人は、スポーツによる障害を疑ったほうがいいでしょう。
また、膝の前方に慢性的な痛みが起きるという症状もあります。
これもやはりスポーツの障害によって起きる症状の一つで、頻繁にジャンプ動作やランニングを繰り返すことによって起きます。
膝の前方に痛みが起きる症状は、主に成長期、年齢でいえば0歳から15歳の間に起きやすいといわれています。
症状は整形外科や接骨院で処置することができますが、基本的には整形外科を受診するようにしてください。
接骨院では打撲や捻挫の施術を行うことができますが、医師の同意なしに処置ができるのは緊急の場合だけだからです。

おすすめ接骨院関連リンク

幅広いメニューの用意と、一人一人に最適な施術をしてくれる接骨院

浜松の接骨院